12月 2013 のアーカイブ

今年も一年、二本松店を、支えていただいた、お客様方に、、、

心から、本当にありがとうございました。

 

ご予約が、ご希望通りお取できないことや、お待たせしてしまうこともあり、ご迷惑をおかけし、

本当に申し訳ないなと、思うことも多かったのですが、ご理解頂き、わざわざ二本松店に足を

運んで下さって、感謝の気持ちでいっぱいですsmiley
 

来年も、もっと皆様の笑顔にお会いできるよう、努力していきたいと、
思いますcheeky

ありがとうございました。

二本松店 スタッフ一同

こんにちは、、皆様。

「社長! 入れたばっかりの差し歯がネギ
噛んだだけで、取れちゃったんです(泣」

と、朝から平山の騒がしさで始まった12月中日(T_T)
皆様いかがお過ごしでしょう?

さて、、師も走る師走。
美容室も例外ではありません。
お忙しい中皆様には、大変ご迷惑をお掛けしています。
申し訳ございません。
また、予約がなかなか取れない状況の中、何とか都合をつけて
お越しいただけるお客様には大変感謝をしています。
これからも、どうぞ末長いお付き合いをお願いいたします。

 

さて、
私が実験台としたら最適だろうと、
はじめた新商品「M1ミスト」について
その後の経過などを書きたいと思います。

 

これが、前回意味深な紹介をした「M1ミスト」です。

M1ミスト

ネットで評判の「M1ミスト」とはパッケージが違います。
美容室専用「M1ミスト」になります。

 

カテゴリ的には、「育毛剤」になるのですが、
一番の特徴が無添加の安全性ということから、
「剤」という語が適切ではないよな印象を受けます。

実際にお使いになるとわかりますが、
ニオイ無し、刺激なし・・・ほとんど水のような感覚でしかありません。
(効いてるのか? どうか? わかりませ~~~~ん(T_T))

まぁ、、、頭皮の健康を整えて、より良い状態の頭皮を造り
今お使いの育毛剤をより効果的に浸透させるよう補助する
ミストという感じです。

ですので、薄毛が完全に進行してしまっている人には不向き
かもしれませんね。

しかし、特に女性の場合、頭皮環境の悪化による「細毛」「薄毛」
が大きな原因になっていますので「M1ミスト」を使い頭皮を健康な
状態にもっていけるのであれば、薄毛の改善も可能ではないでしょうか。

私自身頭頂部の後退が気になってきたこともあり(皆に勧められるということもありましたが・・涙)
2ヶ月前からM1ミストで育毛を始めてみました。

 

まず、私に起こった3つの変化についてですが・・・。

まず、明らかに「フケが減った」ということ。
冬場の乾燥した時期になると細かいフケが髪に付着していたり、
肩に乗ったりしていましたがM1ミストを使い始めたことでそれがなくなりました。
これが、最初に起こった変化です。

次に「カユミが減った」こと。これはフケと関係しますが、頭皮の炎症が減って
カユミを感じる事がなくなったのではないかと思います。
頭皮の中には沢山の皮脂腺があり、皮脂バランスが崩れたり、不潔な状態に
なることで荒れが起こります。
理由は分かっていても、改善できずにいたのですが、M1ミストを使ったことで
改善されたようです。

3つ目が、抜け毛が減りました。フケやカユミが減った変化の結果だと思いますが、
抜け毛が減った事を実感できたのです(^^
皆さんも経験があることだろうと思いますが、枕元の毛の量やシャンプー時の抜け
毛の量。これが気にならなくなりました。

2ヶ月使い上記のような変化が起こり、
頭皮の改善が実感できる商品というのは今までなかったものですから
更なる効果を期待しながら、これからも使ってみようかと思いますし、
結果に関しては、この場で順次皆様にお知らせいたします。


因みに、私の場合「M1ミスト」を使用した後「ザクロペリ」を使用しています。
頭皮環境改善型とホルモン育毛型を同時に使っています。

さてさて、、


シャッチョさんの頭頂部は、モテモテの頭頂部になるのか?(T_T)
 

皆さんご期待?ください。

 

 

 

先週は、通勤快速のお手入れ(^^
愛車のタイヤ&ブレーキパッドの交換を致しておりました。
本業もありますから夜間早朝の作業になり、肌寒くなってくるこの時期からはちょいと辛いですね。
 

                

お小遣い制の私には、、痛い出費の3万円、、(泣

 

では、、本題に・・・。
髪の傷みを気にしているお客様には、先ず「シャンプーに拘っていますか?」
と問いかけます。
多くの方は、シャンプー自体汚れ落としがメインで、それほど大差を感じていないのが現状なのですが、、、

「髪はウールですよね」の投げかけに「ハッと!」なさる方も多くいらっしゃいます。

男性の方は、あまり関心を持たないのですが、
女性のお客様には「ウールのセーターを洗うとき何を気をつけていますか?」と聞きますと・・・。

たとえば、「熱いお湯で洗わない」・・「ゴシゴシ洗えませんし、、もみ洗いです」、、
「すすぎ重視です」「洗剤も洗浄力が弱いものを選びます」・・とか出てくるわけです。

「高分子繊維」と言って髪は繊維の中でも比較的強い部類に入るのですが、
頻度の問題で、もし毎日洗っているとしたら1年で365回、、2年なら730回と
その負担は相当のものになります。

どうでしょ? 普通にウールのセーターを毎日その回数洗ったら・・・・(^^;;
 

私が思うに、
もし髪の痛みを気にしているようでしたら、髪に良いことよりも負担をかけている悪いことを
軽減してあげた方が結果は出ると思います。

なぜなら、根元から新しい毛髪が毎日少しずつ生まれてきているのですから・・・
その新しい髪が悪くならずそのまま育てば、何れ全体が良くなるというわけです。

洗浄成分が強く刺激のあるシャンプーを使いながら、髪にとっても効果があるトリートメントを使う。

ん~~~n、、どうでしょう?
結果が出れば、、まぁ、、よいんでしょうけど、、感触が良いのはその時だけって事ありませんか?

いや、、トリートメントは必要ない!なんて事を言ってるのではありませんよ。

ほんとに結果を出したいのであれば、、髪に「良いこと」よりも「悪いこと」
「負担になっていること」に目を向けたほうが良いのではないでしょうか・・・
ということを髪様に代わり伝えたいと思っているのです。(^^;;;
 

まぁ、、そんなこともあって、
シャンプー選びには拘って欲しいですし、慎重であって欲しいと私は考えています。

 

では、前回の続きになります。

 

最初に「低刺激」。。
これを謳わないシャンプーはないくらいメーカーも必死ですので、、、皆さんの見極めが大切です。
シャンプーの刺激性は、水以外で最も多く含まれている洗浄成分によって大きく左右されます。
よくここでも書いてますが、、全成分表示で水の次に書いてある洗浄主成分ですね。
その次が洗浄補助成分・・・それらに「硫酸」という漢字が入っていたらヤバイです。


シャンプーのみならずコスメチック事典で、マイルドと表記されたものや、同じく敏感肌用
化粧品と定義されたものが本来低刺激と呼ぶにふさわしいと思います。

おそらく・・・本当の意味での低刺激という製品は、市販製品の場合、、10%程度あれば良い方だと思いますね。
シャンプー選びにはかなり重要な項目です。

「天然系」
特色のあるシャンプーによく使われる文句です。
大きく分けて2つに分類されます。
1.天然物を原料とした化合物を配合したもの。
 アミノ酸系界面活性剤、石けんなど
2.天然成分物自体を配合したもの
 天然物から抽出したコラーゲン、スクワランなど、天然物の数の多さを伝えているもの。

これも大事な要素になります。


「無添加」
定義が難しいですが、、旧表示指定成分であった成分を含まないことを一般に無添加と言うんでしょうね。
ただこれ、、人によるというのがありますので、一概に無添加の良し悪さというのは非常にデリケートな部分があります。
コスメの中で無添加を考えたときに、どうしても諸刃の剣になりますので、気にしすぎないほう
が良いのではないかと私は考えます。
一般的には、、パラベン(防腐剤)、香料などが有名なところです。


「環境受容」
地球さんはどう思っているのかわかりませんが、、地球にやさしい、、環境に受け入れられ
やすいという意味で環境受容型という言葉が使われています。

石けんが、環境に良いものの代名詞になっているようですが、魚毒性は良いものの、石鹸カス
など汚染という点では疑問が残りますし、様々な問題も指摘されています。
できれば、石鹸のような欠点がないアミノ酸系界面活性剤を主体に、、、さらに他の成分も天然
系を使用しているもので生分解性が良いものが◎です。
 
このように重要カテゴリー「低刺激、天然系、環境受容の3項目」をすべて満足させたシャンプーは、、
たぶん極めて少ないことでしょうね。



 

特に、、
天然系の場合、、、素材の数を増やすとそれだけアレルギーを起こす可能性が増えます。
敏感肌用の商品を造る場合、、、素材の数を減らすように心掛けなければなりません。
シャンプー作りの難しいところの一つです。

「使用感」
これはお客様の好み次第ですので、優劣はつけられません。
また、髪にとってはあまり重要ではない項目です。指通り、髪のサラサラ感はシリコーンポリ
マーを配合したものが一番で、市販のほとんどのシャンプーに配合されています。

ただ、この見かけの感触の良さが自分の髪本来のものと勘違いし、髪を良い状態に保つことを忘れる恐れがあります。
このため、髪にこだわるシャンプーではシリコーンを配合せずアミノ酸系成分などで、カバーし
ています。髪のまとまりが良くなることでどなたにも喜ばれます。

また、サッパリ感を望む方には石けんが一番です。
(復習です、、このサッパリ感は?  そうです・・・石けんカスによるツッパリ感です。
長い生活習慣で、これをサッパリ感と思ってきた人多いですよね。)

好みの問題ですから、それで良いと思いますよ。どちらかというと、中高年、乾性肌の方は「しっとり感」を好まれる傾向にありますしね。 

・・・・というようにそれぞれに特色があります。 
キメ細かい泡立ちは共通して喜ばれます。
使用感は好みの問題で、比較すること自体に意味がないのであまり重要ではないと考えます。



ではでは、、今回はこの辺で。。

12月に入り、残り半月になりました。

縮毛矯正のキャンペーンが12月15日で終了します。

土 曜日、日曜日 は、予約が集中しています。

平日の方が、予約に余裕がございます。

施術をお考えのお客様は、早めにご予約ください。

また、クリスマス大抽選会も、開催しています。